スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告


シェアゲーム『彩花~誓い~』の感想
 午前に「プレイを終えたらまともな感想を書きます。でもたぶん三月」とか書いて投稿しましたが、本日中にプレイし終えてしまいました。……体験版でプレイした一章までと思っていたのに、気がついたらやめられなくなってた。

 ということで、感想です。

 2007年の冬コミで正式に発売された『彩花~誓い~』。1000円で製作者さまのサイトより通販中。ショップ委託の予定もあるようです。まあ、1000円でこの完成度でこのボリュームなら、安いと思います。
 ただ、現在通販で購入できるプレス版は三章以降に進めなくなるというバグがあるので、パッチを当てましょう。私は三章手前までダウンロードしていたパッチを当て忘れていました。気づいてよかった。まあ、セーブデータも用意されていますので、忘れていても支障はないでしょうが。

 毎年花びらの色を変える神の花・彩花の恵みを受ける彩華国。彩花が年の暮れに散り年明けに再び咲き誇るための儀式に、国主の妹・葉月が花乙女として選出されます。兄やその親友、そして国民のために、真摯に儀式を行った葉月ですが、年が明けても彩花に花びらは戻らず、花を取り戻すために勅命を受け町に下りるという話。

 第一部で話は完結します。けれど、今回は葉月視点なので、葉月の知らないエピソードがごっそり抜けており、よく分からない点もアリ。2006年度版の体験版には入っていた話も省かれています。この辺は第二部で語られる模様。

 話にはメリハリがあって飽きませんでした。章ごとの終わり方が良いのか、続きが気になってやめられなかった。最後は泣いたな。
 というか、体験版では断然兄様ラブでしたが、今回はあっさり青葉に乗り換えました。いや、兄様も好きですよ。単に青葉がかっこよすぎただけです。女の子ではやっぱり葉月が一番好き。

 グラフィックや演出は素晴らしいとしか言いようがない。吉里吉里でこんなことが出来るんですね。涙が出てきます。私ももっと勉強しないと。
 立ち絵の種類は多く、かつよく動きます。一枚絵もたくさんありますし、何より演出がスゴイです。美しいグラフィックが、演出によってさらに引き立つ。シナリオや音楽と相まって、感動的です。

 音楽はオリジナル。主題歌は特に好きです。単独で配布されているので、ダウンロードして延々にリピートしていた時期があります。現在はゲームの音楽鑑賞モードでひたすらリピート。

 クリア後には、シナリオ回想モード・音楽鑑賞モード・出張スタッフ日記・協力者コメント・おまけのページ(×2)が追加されます。シナリオ回想は、章の中でもさらに分けているので、見たいシナリオを容易に再読できます。おまけのページは探さないといけません。でもすぐ見つかる。

 まあなんというか、買ってよかった。満足度はかなり高いです。もちろん続きが出れば即座に買います。
 オススメなので、興味のある方は体験版をプレイしてみてくださいね。


製作者さまのサイト:『華小鹿

【2008/02/15 21:47】 | ゲーム感想


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。