スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告


シェアゲーム『犬神使いと少年』の感想
 昨日届いた全年齢向けのビジュアルノベル『犬神使いと少年』、さっそくプレイしました。
 体験版は年始にプレイしたばかりだったので、その続きからはじめました。セーブデータの引継ぎができたかもしれませんが、よく分からなかったので「はじめから」を選択したのですが、体験版でできる章はすでに表示されていたので、続きからはじめるのは簡単でした。親切だ。

 犬神やコックリさんからはじまる奇妙な出来事を、驚異の記憶力を持ちながら奇異な存在の白沢と、アホキャラで笑いをとる杉山が、非常講師の紅葉先生と共に読み解いていくお話。
 資料の引用が大量にあり難しいところもありますが、それでもグイグイ読み進むことができます。というか、妖怪という存在を扱いながら、それを「不思議」で済まさず、しっかり考察していく点がすごかった……。妖怪や民俗学が好きな人なら、絶対おもしろいと思います。
 途中で一度、「え、これで終わるん?」とか思っちゃいましたが、まだまだ中盤でした。そこから話が広がり、どんどん「どういうこと?」と疑問が積み重なり、最高潮なところで解答編がはじまります。この盛り上がりがドキドキして楽しかったです!
 ラストには三者両論ありそうですが、個人的にはこういうのも好き。

 プレイを始めてまず目を惹くのは、美麗なイラスト。水彩画風の淡い色使いで、人物だけでなく背景すらも美しく仕上げています。演出も丁寧で、イラストが際立ち本当にステキでした。ただ、パッケージのイラストをプレイ後に見ると、泣ける。
 続いてメインの文章。縦書き表示なのですが、雰囲気に合っててよかったです。文献の引用も多々あったので、むしろ縦書きのほうが読みやすかった。文章もすごく丁寧で、すばらしかったです。憧れる。
 音楽も全て書下ろしっぽいです。個人的には、PVにも使われている歌が好きです。ちゃんと全ての曲を「アルバム」で視聴できるので、気に入った曲をBGMにするのも容易なのがうれしいです。

 ネット通販だと税込み1050円+送料なのですが、質的にも量的にもそれ以上です。1000円ちょいで、こういう良作が手に入ることが同人ソフトの醍醐味ですよね!


 制作者さんのサイト:「人形城奇譚」(活動漫画屋)

スポンサーサイト

【2009/01/31 20:21】 | ゲーム感想


シェアの同人ゲームを買った!
 今まで私が買ったシェアの同人ゲームは、『彩花』のひとつだけです。(東方とかSilverSecondさんの『シルエットノート』、Lizsoftさんの全部とかは、家族が買ったので家にありますが)
 同人ゲームは、商業ゲームに比べたら圧倒的に安くてお手ごろですが、本や漫画以外にはケチな私ですので、基本的には見向きもしません。ホント偶然、体験版をプレイする気になり、そしてズキュンときた場合のみ、激しく悩んで悩んで悩みまくった末に判断します。

 ですが今回、「うみねこ出題編まとまったみたいだし、ほしいなー」とか思ってました。EP1面白かったですしね。がんばってネタバレ見ないように気をつけてきたこともあり、比較的すんなりと買うこと決定しました。
 ショップ通販を利用するのですが、予約は自重→売り切れてがっかり→再入荷待ち→卒論提出してから届くように注文しよう→売り切れて焦る→在庫ありになったので速攻で購入(半日ですぐ在庫切れになった。買ってよかった)。
 そんな感じに、微妙に入手に手間取りました。まあ、普段利用しているショップ以外なら、在庫あったんですけどね。でも、ほいほい住所登録したくありませんし、送料的にも今のショップで買いたかったんです。

 それともうひとつ、たまたま体験版をやってズキュンときたノベルを買いました。活動漫画屋さんの『犬神使いと少年』です。
 これ、メロンブックスかホワイトキャンバスでしか取り扱っていなかったんですよ。私はあきばお~こくユーザー……。ということで、買うのは見送りになる予定でした。でも先日、ふと『犬神使いと少年』で検索をかけると、あきばお~こくのサイトがひっかかりました。……いつのまにか取り扱っているようです! うれしかったな~。ということで、うみねことともに購入が決定。

 届いたばかりでまだインストールすらしていませんが、明日『犬神使いと少年』をプレイします。終わったら、ちゃんと感想書きますね。うみねこはその後。

【2009/01/30 22:31】 | ゲーム感想


社会人になる前にやりたいこと
 先日、卒論も無事提出しました。あとは2月末に卒論発表があるのと、2月にチラチラ単位関係ない授業はとっていますが、これでひとまず安心です。で、あと2ヶ月は暇なんですよね。
 せっかくなので、社会人になる前に色々やりたいなぁと思います。ってことで、リスト化してみましょう!

 ***

■『幼なじみの恋愛事情』の区切りをつける
 WEB漫画というものを描いてみたいなぁと思って、見切り発車ではじめたお話。美晴編は(今、美晴編なんです。美晴が主人公なんです。まったく出てこなくても!)区切りいいところまで、おおよその構想はあるので大丈夫です。裕一編はどうなるか不明。考えてたネタが扱い切れなさそうなので、考え直してます。

■短編小説を書く
 一応、小説サイトなんですよココ! でも、4ヶ月も書いていません。書きかけ途中放棄ならいくつかあるんですけどね……。初心に返って、4月までに何か書きたいです。

■ノベルゲームを作る
 ネタがまったくなくて悶々としていますが、短くてもいいから作りたいです。鬱々とした話が書きたいなーとも思いましたが、学生最後の作品くらい明るくて前向きな話で考えたいなぁと思ってます。

■サーバ移転・サイト改装
 あまり考えずにつけたファイル名が混沌としてきて、そろそろ整理したいと思っています。どうせファイル名変えたらURL変わるので、ついでにサーバーも移転させます。そしたら今あるサイトも跡地として残しやすいですし。それに、Yahoo!ジオシティーズはバナーすら外部呼び出し禁止なんですよ。それがとても悲しかったので、今度はバナーだけ条件付で外部呼出しOKなサーバーを借ります。
 あと、サイト改装もします。HTMLもけっこうぐちゃぐちゃなので、それを整理したり、CSSいじって読みやすくしたり。どうなるかは不明です。ってか、イチから勉強し直しのところとかもあって、何気に大変だぁ。

 ***

 こんなものでしょうか? ひとまず、最初にすることはサーバ移転とサイト改装ですね。WEB漫画は、最低週に1度は更新します。他は未定! 気合入れてがんばります。
 まあ、『うみねこのなく頃にep4』と『犬神使いと少年』が明日届くと思うので、当分そっちに集中しちゃいますが(汗)

【2009/01/29 22:30】 | 雑記


フリーゲーム『星の王子さま』の感想
 『星の王子さま』を読んだことがありますか? 私はありませんでした。高校時代、読もうと借りたことはあるものの、結局読まずに返却しちゃいました。
 ですが今回、「P.o.l.c.」さんにて『星の王子さま』のサウンドノベルが公開されたと聞いたので、さっそくダウンロードしてプレイしました(卒論……。でも他のことする代わりに、WEB漫画は更新したよ)。

 イラストはサン=テグジュペリの挿絵ではなく、ノベル用に書き下ろされたものです。水彩画のような淡いイラストが美麗です。私は原作を読んだことがないので、違和感なく鑑賞できました。というか、ノベルゲームという形式上、イラストは書き下ろさないと表現しにくかったと思います。媒体が違えば、表現方法も変わりますし。

 あと、文章は企画者のわたるさんによる翻訳。自分で翻訳なさるなんてすごいです。翻訳によって印象やら言い回しやらが変わりますが、個人的には読みやすくて好きでした。
 出版されている他の方の翻訳を図書館で予約しました。卒論終わったら読みます。

 音楽もフリー素材じゃなくて、このために作られたっぽいですね。雰囲気にあってて好みでした。音楽鑑賞モードも完備されておりますので、BGMにもできます。

 しかし、……私、『星の王子さま』に感動しない側の人間でした。ちょっとショック。話の意味が分からないとかとは違って、なんか受け入れ難かった……。まあ価値観の問題ですし、今はそれでもいいかなーと思います。数年後、改めて読んでどう感じるかが楽しみです。
 今の私には合わなかったけど、子供ができたら子供に読んであげたいと思う作品だとは感じました。

 ともかく、『星の王子さま』が大好きな人はもちろん、読んだことがない人にもオススメします。不朽の名作といわれる『星の王子さま』、読んで損はないと思いますよ。


 制作者様のサイト:「P.o.l.c.

【2009/01/26 14:24】 | ゲーム感想


フリーゲーム『Seven Days War』の感想
 主人公が男前過ぎるゲームです。立ち絵はなしだけど、ところどころで一枚絵が入ります。このゲームも結構有名で、かなり前にNScripter版をダウンロードしてました(Yuuki! Novel版の頃から知ってはいましたが、Yuuki! Novelは苦手なのでNScripterでリメイクされて本当に良かった。でも既読スキップがないのはつらかった。選択肢まで進むならあるけど)。

 改装工事のために住み込みの店から1週間追い出されたクリス(25歳・嫁遅れ)は、故郷の村に帰ろうと馬車に乗っていたが、盗賊に襲われる。乗り合わせた美少女ダイアナ(15歳)とともに、助けてくれた3人の騎士に『預かり物』を持っていないかと聞かれ、知らないと答えても確認のため人に引き合わせなくてはならないと、拉致(?)られる。
 通常版と15禁版がありますが、よほどの抵抗がある人以外は15禁でいいと思いますよ。別にそのシーンのCGとか具体的な描写はないですし。

 主人公が本当に男前。馬車が襲われた時もダイアナを守って頬や腕を怪我するし、理由ありっぽいダイアナを騎士からさりげなく守ろうとするし、絶えずなにかとダイアナに気を配っています。言動・行動・思考回路に至るまで、このゲームで一番男前です。むしろ主人公だけどクリスが攻略対象でいいんじゃね? ってかダイアナとのエンドでいいと思うよ。
 それに、クリスにかかるとロマンチックであるはずのシーンの雰囲気があっさりぶっ壊されます。がんばれ騎士たち。負けるな騎士たち。でもクリスは己が道を突き進んでください。
 とは言っても、ちゃんと攻略相手の騎士もステキですよ。

 最初はクラウドのルートに入ってしまいましたが、おもわず「ちっ」と思いました。好みじゃない(←ヒドイ)。というか、アレンが好みっぽいし! ベルナドットもいい味出してるし! そっちを先に攻略したいよ。
 そんな感じだったので、一応おとなしくクラウドルート進みましたが、ノーマルエンドで終えた瞬間にアレンに浮気しました。

 で、最初にフル攻略したのはアレン。だって黒髪+無口なんだもん。モロ私好みっぽいじゃないですか! 無口であんま表情動かないけど、言動はストレートでドキっと来ますね。最後の最後はストレートすぎて「おい!」と爆笑しましたが。

 続いてベルナドット。2つ年下。会話のテンポが姉と弟にしか見えない。かーわーいーいー。実はアレクよりツボった。金髪碧眼にはそんな惹かれない性質だけど、こいつのキャラは良すぎた。基本年上好きの私が堕ちたよ完全に(や、リアルでは私が年下だが)。
 というか、一応彼のルートがメインなのかな? 分量多かったし、なんかメインっぽい雰囲気が漂っていたし……。

 で、クラウド。ごめんー好みじゃなくてごめんー。普通にサクサク攻略しました。でも大公がステキだったー。

 最後に隠れキャラ。変態だ! 逃げろクリス。あんたなら逃げれるよ! でも、別キャラルートでのクリスと彼のポンポン飛び交う会話は大好き。

 別に攻略相手ではありませんが、美少女ダイアナ。ルートごとに役割どころか、性格まで違います。ベルナドットルートのダイアナが好きです! でもクラウドルートも良かったな。でも、アレンルートは良く分からんかった。というか、やりきれなかった。

 サイトにある後日談とかの小説もお勧めです。ホントおもしろかった!
 もうひとつゲームがありますが、もうこれ以上はゲーム製作はしないようです。残念ですが仕方ありませんね。時間もかかるし、意欲がないとなかなかできませんし。少なくとも、このゲームを作ってくださっただけで大満足です!


 製作者さまのサイト:「陸路の果て

【2009/01/17 21:03】 | ゲーム感想


| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。