スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告


好きな漫画を羅列してみる
 ブログの更新すらほとんどしていないので、たまには自分が好きなものを羅列してみようかと思います。個人的に上から4作品はとてもオススメ。

 ***

『おおきく振りかぶって』 ひぐちアサ
 高校野球部漫画。全く興味のなかった甲子園を去年から見出したのはコレが理由です。アニメから入って、榛名さん登場の辺りで我慢できなくなって単行本を大人買い。
 最近ペースアップしていますが、単行本化するのが遅かったため連載誌との間に隔たりが大きかったので、思わず去年の夏から月刊アフタヌーンを毎月買うようになってしまったくらい好きです。毎号雑誌を買うなんて、小学生の頃以来だ。毎号のようにおもしろくて、ジタバタしてる。

『capeta』 曽田正人
 カーレーシング漫画。今シーズンからF1を見出したきっかけはコレ。これもアニメから入りました。去年、たまたま古本屋で9冊セット1000円という破格価格で出会ったため購入。すぐさま10巻以降を古本+新刊で探して揃えました。
 話自体もおもしろいのですが、表情ってか目力がある絵です。私が今まで読んだことのある漫画の中では、一番迫力のある画力があると思います。漫画って、絵で魅せるんだなっていうことを気づかせてくれた作品。
 たまたま友人に貸したらそのお兄さんがF1好きで、前シーズンの怒涛のチャンピオン争いのことを教えてくれたようです。その内容を私も友人から聞いて、今シーズンは必ず見ようと誓っていました。本気でおもしろいです。特別誰が好きとかはないですが、アロンソが表彰台に立つのを夢に見ています。

『鋼の錬金術師』 荒川弘
 これもアニメから入った。これは新刊で大人買い。第二期アニメ化も決定しましたね。でも、第一期は原作とかなり設定が違ったのに、どうするきだろう。リセットするのか?
 シリアスとギャグの加減が好きです。かなり重いテーマなのに、登場人物の強さと明るさのおかげで嫌な暗さがありません。クライマックスに突入したので、あと数巻で完結するのかな。

『ARIA』 天野こずえ
 もちろんアニメから入った(こればっかり)。第一期の放送が終わってから、古本屋に買いに走った。なぜかアニメ化した作品なのにセット価格がかなり安かった。ラッキー。
 ほんわかした話が好きで買ったんですが、なんというか背景がすばらしく綺麗です。絵とキャラクターとストーリーが上手く噛み合って、よい雰囲気を作り上げてる作品です。

その他
『結界師』(アニメの最後のほうはオリジナル色が強いので、途中から購入)
『フルーツバスケット』(ホント良い作品だった)
『ヒカルの碁』(一時期、囲碁を打ったり本を漁ったりしてた)
『D.N.ANGEL』(最近再始動したばかりだから熱が盛り返すのは当分先かな)
『パジャマでごろん』(恋愛ものならこの人・ささだあすかさんが好きです)
『キス』(マツモトトモさんの。ピアノを弾く男の人が大好きです)
『ゴーストハント』(小野不由美さん原作小説の漫画版)
『紳士同盟クロス』(種村さんは好きだけど微妙。言葉選びは好きなんですけど、ストーリー運びがなんかさ。個々はよいけど、いろいろ突っ込みたくなる)

 ***

 パッと思いついたのでこんな感じです。好きなものから影響受けやすい性格なのですが、実際に羅列してみると恋愛メインの漫画はあまりないですね。ってか、基本的に私はアニメから入ることが浮き彫りになりました。アニメから入ったわけじゃないのは、「その他」の『ヒカルの碁』から下だ。

 また暇な時に、好きな小説とか作家を羅列してみようと思います。

スポンサーサイト

【2008/08/28 17:44】 | 雑記


『暑い日にはお話を』 その2
 実習が終わったので、ちびちびと作業を再開しています。
 ――と更新する予定でしたが、なんか完成しちゃいました。

 シナリオはできていたし、もともと短いもので画像とかを少し用意するだけのため、かなりあっさり完成しました。
 しかしまあ、ごっついシンプルです。ってかショボい。ノベルにする意味があるのだろうかというくらい、ショボいのです。……センスがほしい。その前に、「ショボくてもいいや~」と開き直る性格をどうにかせねば。

 まず背景画像。画像の切り替えはほとんどありません。そして地味です。BGMも蝉の鳴き声が途中に流れるだけで、あと無音。なんかBGM入れると不自然かなーと思いまして。タイトルも仮題をそのまま採用だしなあ。
 それよりなりより、シナリオ自体が……。本気で内容ないかもしれません。完全、趣味で思いついた話をバラバラに詰め合わせただけです。個人的には気に入っているけど、作った私以外には「チグハグした作品」と思われても仕方ない作品。夏なのでホラー風味を想定したのですが、私には無理でした。これが限界です。怖い話はとっても苦手なんです。いまだに夜のトイレや鏡は怖いです(行けるけども)。

 こんな作品ですが、プレイしていただけるとうれしいです。よろしくお願いします。Vector申請が完了するまでは、サイトからダウンロードできるようにしておきます。

【2008/08/11 17:21】 | ゲーム制作


フリーゲーム『東京アリス』の感想
 『ノルカソルカ』(感想)の人の新作です。いつの間にか公開されていたようなので、本日プレイ。
 ……おもしろかった。泣いた。素敵だった! 期待以上のものでホント楽しかったです。ストーリー展開、キャラクター、イラスト、演出。どれも好きです。

   ねぇアリス。
   貴方は後悔したことはない?

   ねぇアリス。
   貴方は懐かしんだことはない?

   ねぇアリス。
   貴方はもう一度あの国に行きたいと、願ったことはない?

   ねぇ、アリス。   (公式ページより引用)


 読み進めるにつれて、このストーリー紹介を思い出すと痛くて痛くて……。文字通り『不思議の国のアリス』を踏まえたお話なんですが、絡め方が上手かった。作者さんはホント、ストーリー展開も文章も上手いなあ。絵もきれいだし演出センスも良い。良いこと尽くめですね!
 結末としては、悲しくて痛くもあるけどコレでよかったと思えます。一応、希望は暗示されているし。この暗示がはっきり書かれないことが良かった。

 選択肢はたくさんあって、turuエンドへの辿りつき方何パターンかあるようです。ルートによって、出てくるキャラクターが変わります。見落としがなければ全部制覇したと思います。どのキャラも変てこでおもしろくて可愛かったー。
 選択肢によってはbudエンドもありますが、セーブした選択肢に戻って「選びなおす」というゲーム特有のシステムが、ちゃんと話にも意味をもたらしているのが良いです。好きです。

 あえて不満点を言うなら、文字の色。メッセージウィンドウが白っぽいのに文字が白いから、読みにくくて最初は「読むのやめようかな……」とか思ってしまいました。『ノルカソルカ』のおもしろさを思い出して踏みとどまりましたが、前作をやってなかったら最初の3分くらいで途中放棄していたかもしれません(私は諦めが早い)。
 あと、読み返しはできるけど、同じく文字が白くて読めないし。この部分もどうにかしてほしかったです。他は面はものすごく良かった。

 ホントおすすめなので、時間があるときにプレイしてみてくださいね。長編なのでプレイ時間はとりますが、一章二章と分かれているので、区切りを付けやすいのでご安心を。


 制作者さまのサイト:『郷愁花屋

【2008/08/10 14:28】 | ゲーム感想


『暑い日にはお話を(仮)』 その1
 夏休みの間に、一つくらいはノベルゲームかサウンドノベルが作りたいなーと思っていました。で、けっこう唐突に書きはじめたら「これってジャンル何?」というものになってしまいました。

 もともとは、暑い日にダラダラしている恋人同士の甘ったるい話の予定でした。が、なぜか主人公は「なんか話してー」とダダをこね、彼氏は律儀にお話を考えてくれます。
 しかもそのお話ってのは、書いたはいいけど短すぎてノベルにはしがたいよなーという昔書いたヤツと、他のお話は昨日と今日突発的に思いついたヤツです。個々のお話に繋がりはなんにもなく、小説としてアップするのも単独でノベルにするにも微妙なヤツらの詰め合わせ? みたいな感じです。詰め合わせといっても、彼氏が話してくれるのはメチャ短い話が3つだけ。

 タイトルは適当すぎるので変えたいです。でも良いものが思いつかないのでこのままうやむやになるかも……。でもなんかもうちょっとマシなタイトルにしたいなあ。

 実習がはじまっちゃったので、当分の間は進展ないと思います。実習終わったらバイトはじめるし。そして9月も実習あるし。でも一応シナリオはできているので、夏休み中(9月半ばまで)には完成させたいです。ってかさせます。短いしきっと大丈夫です(←自分にい聞かせる)。

【2008/08/03 23:01】 | ゲーム制作


『雨と猿』の人がホームページ開設してた
 個人的にとても気に入っているサウンドノベルの『雨と猿』(感想)ですが、ホームページが今までなかったみたいなんですよねー。「ふりーむ!」でゲーム公開していただけで。しかし今日、「サニーガール」で『雨と猿』が紹介されていて、見てみるとホームページへのリンクがあった……! うれしくて即効で訪問。

 そしてさらにびっくりしました。『あの夏祭りで誰が死ぬ?』で有名な人との共同ホームページだったんですから。管理人は『雨と猿』の大山椒魚さんらしいですが、二人はリアルの友達なんでしょうかね。どっちも、ホームページはないけどサウンドノベル自体は口コミで評価されている人ですから、知り合いっぽいのに驚きましたよ。

 で、そのサイトが「どこだい」です。サウンドノベルだけじゃなく、音素材も配布されているのでぜひご覧下さい。

【2008/08/02 14:00】 | 雑記


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。