スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告


『ナルキッソス』の小説本を買った
 ちょっと私用で難波に行ったので、ついでにオタロードを歩いてきました。まあ、目的はメロンブックスに行って同人音楽と同人ゲームを見たいなーということでしたけどね。
 何気にメロンブックスは初めてで、同人音楽やゲームを漁りに行くのも初めてでした。もちろんオタロードを歩くのも初。平静を装っていましたが、けっこうドキドキしていました。

 メロンブックスに辿り着き、同人音楽の棚をじっと見ました(ついでに店内に、女は私と店員しかいなかった)。結構知ってるのもあるし、欲しいなーと思っていたのもあります。「少女病」さんのとか。他にも、なんか同人音楽開拓をしたいなぁと思っていましたし、同じところを行ったり来たりして物色。
 しかし、就活経費のみならず、おお振りのDVDをはじめ趣味の出費がかさんでいたので、問答無用で欲しいものを購入する勇気はありません。なにを買うか、ひたすら悩みました。

 結局、今回は見合わせました。下準備不足を痛感。買うなら、「Asriel」さんの時みたく、「今買わないと絶対後悔する!」というものが良いですし。もうちょっと試聴とかしてから吟味します。
 でも、『覚醒ノエシス』は買っておけばよかった……。

 ***

 同人音楽の棚で悶々と買うかどうか悩んでいてもアレだったので、一般向けの同人誌の棚も巡りました。そして目に入ったのは「ステージ☆なな」さんの『ナルキッソス サイドストーリー』という小説本。
 ……びっくりした。コミケや通販でしか手に入らないだろうなーと思っていたのでスルーしていたものですが、読んでみたいとは思っていました。なので迷わず購入。450円とお安いですしね。

 なんか、大量に積み上げてあってビビッたのですが、再入荷されたばかりの模様。ゲームも再入荷しており、たくさんありました。小説は分かりませんが、少なくともゲームはもうこれ以上は刷らないみたいなので、気になる人は今のうちにゲットしといた方がいいかもしれません。
 ゲーム自体はフリーでダウンロードできるので、まずそっちをプレイ推奨。それで気に入ったら、パッケージ版の購入を検討してみてはいかがかと。1000円だし、イラスト可愛いし、サントラにもなるし、手元に置いておきたい人には嬉しいでしょうね。

 小説ですが、セツミはほとんど出てきません。あくまで優花と姫子の物語。『ナルキッソス2』の続きを、優花視点を中心に描いています。買ってよかったーといった内容でした。ただ、姫子の死で終わるので、暗いと言えば暗い。それでも、残される者に救いのあるラストなので、安心しました。
 あと、個人的には表紙のセツミが大好きです。正直、今までのナルキッソスの絵の中で一番好きかもしれない。

 本日の一番の収穫は、やはりこの小説が買えたことですね。再入荷したばかりの、ちょうど良い時期にメロンブックスに行けて良かったです。
スポンサーサイト

【2008/02/29 21:44】 | 雑記


フリーゲーム『君に見せたい優勝を』の感想
 最近、フリーゲームをダウンロードしてもフォルダを開いてすらいない状況で、デスクトップがえらいことになっていました。なので、デスクトップのお片づけ。
 短編ゲームを中心にプレイして、終わったり途中で放棄してしまったのをゲーム専用のまとめフォルダに分類して整理。だいぶすっきりした。

 そんな中でプレイした一つが特に気に入った。結構前にダウンロードしていた『君に見せたい優勝を』です。短編ではなく、けっこうなボリューム。エンディングは……3つでいいのかな?

 プロ野球ものです。二軍にいる主人公が、自分のチームの女神だという少女と出会うことから始まる物語。ついでに、女神って言うのは比喩ではなくマジ。ひとまず女神エリカがメチャメチャ可愛い。

 一部、私には合わないストーリー展開はあったものの(涼虎ルートが……)、総合的にはとても楽しめました。特に試合描写はスゴイ。
 スポーツものの小説とかって、スポーツしている最中の描写に力がないとつまらないんですよね。『銀盤カレイドスコープ』はストーリーもだけど、なにより演技中の描写がすごくて好きでハマりましたし。
 このノベルも、試合描写が素晴らしい。野球は去年からやっと興味を持ったという程度の知識ながら、グイグイ惹きこまれてワクワクしました。試合の結果も予測できないトコもあって、緊張感が好きだった。

 あと、立ち絵が出るのは3人。イベント絵はヒロインルートにそれぞれ1枚。絵も好きでした。女神エリカが可愛すぎる。
 それと、メインキャラでなくても造詣がしっかりしてて楽しめます。キャラの特徴づけや書き分けがうまいんでしょうね。ちょっとしか出てこなくても愛着が湧くのがスゴイ。やっぱ描写力は大切ですね。

 難点はYuuki! Novelってことかな。別に、複雑な選択肢のない短編ノベルならYuuki! Novelでも不便はないんですけど、けっこうなボリュームなので読み返しの機能とか、未読部分のみのスキップが出来る機能とかが欲しかった。
 せっかく良い作品ですし、別のツールで作り直して欲しいなと思います。吉里吉里やNスクでなくても、今のLiveMakerとかは機能良いし、それとかで。

 ……アレ? 作者プロフィールを見ると、なんと本職のゲームシナリオライターさんのようです。描写力やシナリオが良いはずだ。納得。
 でも、お仕事でシナリオライターやっているんなら、個人でのフリーゲーム制作は、もうしないのでしょうか? この人のは、次のゲームが完成したら是非ともプレイしてみたいと思ったんですけどね。残念。


製作者さまのサイト:『フラボノミント・R

【2008/02/17 17:50】 | ゲーム感想


シェアゲーム『彩花~誓い~』の感想
 午前に「プレイを終えたらまともな感想を書きます。でもたぶん三月」とか書いて投稿しましたが、本日中にプレイし終えてしまいました。……体験版でプレイした一章までと思っていたのに、気がついたらやめられなくなってた。

 ということで、感想です。

 2007年の冬コミで正式に発売された『彩花~誓い~』。1000円で製作者さまのサイトより通販中。ショップ委託の予定もあるようです。まあ、1000円でこの完成度でこのボリュームなら、安いと思います。
 ただ、現在通販で購入できるプレス版は三章以降に進めなくなるというバグがあるので、パッチを当てましょう。私は三章手前までダウンロードしていたパッチを当て忘れていました。気づいてよかった。まあ、セーブデータも用意されていますので、忘れていても支障はないでしょうが。

 毎年花びらの色を変える神の花・彩花の恵みを受ける彩華国。彩花が年の暮れに散り年明けに再び咲き誇るための儀式に、国主の妹・葉月が花乙女として選出されます。兄やその親友、そして国民のために、真摯に儀式を行った葉月ですが、年が明けても彩花に花びらは戻らず、花を取り戻すために勅命を受け町に下りるという話。

 第一部で話は完結します。けれど、今回は葉月視点なので、葉月の知らないエピソードがごっそり抜けており、よく分からない点もアリ。2006年度版の体験版には入っていた話も省かれています。この辺は第二部で語られる模様。

 話にはメリハリがあって飽きませんでした。章ごとの終わり方が良いのか、続きが気になってやめられなかった。最後は泣いたな。
 というか、体験版では断然兄様ラブでしたが、今回はあっさり青葉に乗り換えました。いや、兄様も好きですよ。単に青葉がかっこよすぎただけです。女の子ではやっぱり葉月が一番好き。

 グラフィックや演出は素晴らしいとしか言いようがない。吉里吉里でこんなことが出来るんですね。涙が出てきます。私ももっと勉強しないと。
 立ち絵の種類は多く、かつよく動きます。一枚絵もたくさんありますし、何より演出がスゴイです。美しいグラフィックが、演出によってさらに引き立つ。シナリオや音楽と相まって、感動的です。

 音楽はオリジナル。主題歌は特に好きです。単独で配布されているので、ダウンロードして延々にリピートしていた時期があります。現在はゲームの音楽鑑賞モードでひたすらリピート。

 クリア後には、シナリオ回想モード・音楽鑑賞モード・出張スタッフ日記・協力者コメント・おまけのページ(×2)が追加されます。シナリオ回想は、章の中でもさらに分けているので、見たいシナリオを容易に再読できます。おまけのページは探さないといけません。でもすぐ見つかる。

 まあなんというか、買ってよかった。満足度はかなり高いです。もちろん続きが出れば即座に買います。
 オススメなので、興味のある方は体験版をプレイしてみてくださいね。


製作者さまのサイト:『華小鹿

【2008/02/15 21:47】 | ゲーム感想


シェアゲーム『彩花~誓い~』を買った
 通販が開始されてからいつ買おうかと悩んでいた、華小鹿さんの『彩花~誓い~』をついに買いました。
 テストや就活本格化で手を出せずにいたのですが、毎日のようにサイトを見に行くくらい気になっていたので、ひとまず手に入れようと思って注文しましたよ。
 先日届いて、嬉しさの余りニヤニヤしてます。さすがに面接とか説明会があったのでプレイは自粛。今日は時間あるので少しやります。

 このゲームの体験版は、前に感想書きました(ココ)。現在は、タイトル画面とかが完成品と同じになったりと微修正された「彩花~誓い~体験版」がダウンロードできるみたいです。

 三部作で今は第一部の「誓い」が発売中。立ち絵も多いし、一枚目も多いし、エフェクトも凝っているし、音楽はすごいし、何よりシナリオや文章が良いので、完結するのはもうちょっと先になるかもしれませんね。早ければ早いだけ嬉しいけど、完成度が高いのでもっと時間がかかっても全然かまわない。

 最初の出会いがどこ経由だったかは忘れましたが(たぶんサニーガールじゃないかと)、ホントで会えてよかった作品です。
 ってか私がシェアを買う気にさせるなんてすごい。東方なら兄が買ったのでプレイしているけども。

 プレイを終えたらまともな感想を書きます。でもたぶん三月。

【2008/02/15 09:37】 | ゲーム感想


フリーゲーム『ノルカソルカ』の感想
 「buriburi66」さんのところでレビューで読んで興味が出ました。製作者さんのサイトで確認してみると、雰囲気がよさそうだったのでDL。で、テスト前にプレイしました。遅くなりましたが感想。

 ボリュームのあるノベルゲームです。全く持って運というものがない薄幸の少女が主人公ですが、12月22日の冬至を終えるとタイトルに戻り、登場した他のキャラクターの視点で同じ時間軸を改めて読みます。主人公合わせて全部で6人の視点。
 最初は幸しか選べませんが、次からは誰の視点でもプレイできます。私は葵→円→霞→聖の順。王道に登場順で選択しました。個人的には、この順序に満足。

 けっこうな長さですが、視点が切り替わったり話のテンポが良かったりと、中弛みはありませんでした。特に視点が切り替わることで、それぞれの食い違いとかが分かって切なかった。
 選択肢は、全員の視点を見た後に追加されます。不幸なすれ違いとかをなくすためにはどうしればいいか考えて、ハッピーエンドを目指しましょう。私は何回も失敗した……。

 絵や文章はもちろん、多視点形式なところや雰囲気が良かった作品でした。オススメです!


製作者さまのサイト:『郷愁花屋

【2008/02/07 21:29】 | ゲーム感想


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。