スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告


『葉桜と魔笛』でサウンドノベル その1
 『夢十夜』のvector登録完了しました。

 ――で、「文学サウンドノベル」の第二弾。文学モードの間にもう一作挑戦してみようと思い立ち、最近読んだばかりの太宰治『葉桜と魔笛』という短編でサウンドノベル制作をはじめました。

 太宰治は女性一人称の小説もけっこう書いていて、個人的にはそっちのほうが好きです。特に好きな『待つ』はすでに「萌え文学シリーズ(1)」で制作されているので、次に好きな『葉桜と魔笛』で。(……制作中とは言いますが、大学が忙しいので完成はいつになるか不明です。まったり作ります)

 「桜が散って、このように葉桜のころになれば、私は、きっと思い出します。――と、その老夫人は物語る。」から始まるだけあって、語り。ということで、改行は少ないし句点も少ない。……紙でならともかく、モニター上ならちょっと読みにくいですね。ってことで表示の都合上、改行がかなり増えています。『夢十夜』の時も少しは手を加えましたが、今回は原作の文章いじりすぎかもしれません。

 複雑な気分ですが、あくまでとっつきやすくするためにサウンドノベルにしていることですし……まあいっか。これのきっかけに太宰治の本を手にとっていただければうれしいなーってことで勘弁です。

 太宰の本は、ちくま文庫で全集出ているので他の作家より手に取りやすいですよ。だって文庫本ですもん。電車で立っていても読めます。なのに全集。すばらしいですね。

 太宰の代表作『人間失格』は小畑さんのイラストが表紙になったことで売れ行きがいいようですが、個人的に複雑です。確かに文学史に残る名作でしょうが、あれを読んで他の太宰作品も読もうとする人は少ないんじゃないだろうか……。むしろ、太宰に苦手意識を持って他の作品に手を出さなくなる人が多い気がする(私がそうだった)。出だしの写真の話は好きだけど、とっつきにくい作品だとも思う。高校1年の時に読んだからそう感じるだけかもですが。

 太宰作品の中でもとっつきやすい短編を収録して売り出したら、リピーターも増えると思うのですが。女性一人称小説をまとめた文庫とかさ(超個人的趣味)。そういうのから太宰に入って、徐々に『人間失格』みたいなものにも手を出していったほうが、苦手意識が出ない気がします。まあ、こういうのは個々人によって違いますけどね。少なくとも私はそう思いました。
スポンサーサイト

【2007/10/29 22:09】 | ゲーム制作


小説の分類を変更
 私の小説は「短編小説」「お題で創作」「企画」と分類していました。短編といっても範囲は広いので、原稿用紙で10枚程度から50枚弱のものまで一括り(個人的にオンライン小説だと80枚くらいまで短編なつもり)。しかし、ちょっとは小説も増えてきたことですし、そろそろ分類もやり直したほうがいいかなぁと思いました。

 今のところは長い作品もないことですし、原稿用紙換算で「1枚~15枚」「16枚~30枚」「30枚~」の三分類なら分かりやすいかと考えました。が、私はアップした小説でも改行数を変えたりすることがあります。そうなると、枚数が狂うよなー。

 ならばKB表示にしようとしました。オンライン小説界隈ではけっこう普通っぽいですし。しかし、私個人には馴染みが薄いので違和感。フリーソフトでならKB表示は慣れているんですけどね。小説だと、いまいち分量が分からない……。

 やっぱり、多くの人にとって分かりやすい原稿用紙換算が良さげだという結論。『Text Analyzer』というツールで計算して分類し直しました(昨日更新)。改行数を変更したりで枚数前後しそうですが、だいたいの目安になればと思います。

【2007/10/21 12:13】 | 雑記


文学作品でサウンドノベル制作 その4
 完成しました。紹介ページの「文学サウンドノベル」からダウンロードできます。Vecterさんには申請中。

 相変わらず、私が制作すると地味ですね。でも懲りない(それも個性だと割りきった)。また、短いので気に入ったのがあれば制作します。

【2007/10/20 16:49】 | ゲーム制作


文学作品でサウンドノベル制作 その3
 ちょっと嫌な失敗。
 
 昔、田舎で撮った百合の写真画像の編集をしていたのですが、うっかり直で上書きしちゃいました。コピーしたつもりだったので思いっきり。編集のやり方を変えるために基データを呼び出そうとしたら、画像がなくて焦りました。ついでにペイントソフト等も閉じた後なので、「元に戻す」とかの機能も使えないし。

 これがフリー素材とかなら、またもらってくればいいのですが……思いっきり手持ちの画像ですし、復元も不可能。まあ、すっごく必要だったり、絶対手に入らない画像でもないのですが、きれいな写真だったので気に入っていたんですよね。

 その写真の縮小させて保存していたものが↓。だいぶ前に、なぜか縮小させて保存していたのです。が、拡大すると画像が荒れて使用できない。あーホント残念。

   ML_TS290070.JPG

 それと、今週中には紹介ページを制作し、サウンドノベルもアップする予定です。必要な画像をあと1枚探して(画像消しちゃったしね)、誤字脱字の最終チェックをすませばいいので。今週は文化祭でお休みですし、たぶん日曜日の午後には完成できると思います。

【2007/10/19 15:57】 | ゲーム制作


文学作品でサウンドノベル制作 その2
 『夢十夜』のサウンドノベル化計画、順調です。
 
 ただ、文章をどうするかなーと悩みました。青空文庫にある『夢十夜』の文章は、旧仮名等を読みやすく直している本を底本としているようです。が、個人的には旧仮名で書かれた原文のほうが好きです。んー、でもやっぱり、読みやすさを考えると現代語になっているほうがいいかなーとも思います。

 そして結論。「どっちも作ってしまえ」です。まあ、青空文庫の文章を基に、手元にある原文テキスト通りに修正を加えればいいだけの話ですもんね。分少量はめちゃくちゃ少ないので、たいした労力じゃありませんし。

 あと、背景画像もあと二つ見つければ終わりです。ネットで探すのは面倒になったので、その辺で写メでも撮ってみます。ほしい画像は神社とかに行けばありそうだし。

 勢いのまま、今月中には完成予定。

【2007/10/17 22:52】 | ゲーム制作


| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。